ブログ|与野の動物病院なら、そよかぜ動物病院

はじめまして

2021年12月12日(日)

クマのプーさんに似てる(?) 獣医師の伏見です、こんにちは!

 

そよかぜ動物病院で働き始め2ヶ月が過ぎましたがまだまだ僕を知らない方がほとんどだと思うのでご挨拶かたがた最近ハマっていることを紹介させていただきます

 

最近、ディズニープラスの会員になり

時間があればディズニー作品を楽しむ日々を過ごしています

 

その中でもお気に入りの作品

 

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」

 

についてここで語らせていただきます

 

あらすじは死者の国ハロウィンタウンに住む主人公のジャックが毎年行うハロウィンにマンネリを感じていたところにクリスマスの存在を知り、彼はハロウィンタウンの住人達とクリスマスを作る計画をたてて…

 

と、いったお話で

 

この作品自体かなり有名な作品で目に触れる機会も多く、もうすでに観たことがある人も多いと思います

 

映画は見たことないけど、

 

東京ディズニーランドの人気アトラクションのホーンテッドマンションではハロウィンからクリスマスまでの期間こちらの作品仕様になったり(残念ながら今年はやってない)

 

グッズ展開も多いので主人公のジャック・スケリトンをどこかで見かけているかもしれません

 

そんな有名作品を今更語りたい一番の理由がパペットアニメーションとしてのクオリティの高さなのです!

 

パペットアニメーションを簡単に説明すると人形を使ってコマ撮りにより撮影したアニメのことです

 

人形を少し動かして、また少しだけ動かして撮影するという繰り返しで製作するためコスト、労力、時間がとんでもなくかかります。

 

そのためパペットアニメーションは数分の短い作品が多く本作の様な長編作品は本当に数が少なく貴重なのです

 

この人形を用いた技法によりアニメと実写の両方の性質を併せ持つのが最大の魅力で

 

実写のように登場人物に立体感がありながらアニメのユニークな容姿や動作を併せ持つ素晴らしい映像がうまれます

 

これは今の高度な技術のCGでも再現できない唯一無二の撮影技術です

 

まだ観ていない方はストーリーと人形であるキャラクターが生き生きと動き回る様を見ていただけたらと思います

 

診察でお会いしましたら是非感想を聞かせてくださるとうれしいです!