ブログ|与野の動物病院なら、そよかぜ動物病院

我が家の子猫事情

2019年1月11日(金)

隔離室(自宅)の朝ごはんの様子です。

みんなで一つのお皿で食べていたのか

やっと各お皿で食べるようになりました。

子猫はあるだけ食べてしまい、お腹を壊してしまいますし、

体力のないコはご飯にありつけず、弱ってしまいます。

多頭飼いされている方、なるべくお皿は分けてあげて下さいね。

子猫たちは真菌症という皮膚の病気で治療中です。

真菌は人間でいう水虫と同じ分類に入ります。

比較的通常の環境にいますが

授乳が終わり、親元から離れて新しい環境のストレスにさらされた子猫は

免疫が落ちてしまいます。

真菌は強い感染力で知られており、一気に他の子猫たちにもうつります。

人にも感染します(人獣共通感染症)

激しい痒みと痂疲、脱毛で毛根まで侵されてしまうと

毛が生えなくなってしまいます。

強い薬を使えない子犬子猫には

基本毎日のシャンプーと抗真菌薬の塗布しかできません。

特殊なライトで確認しながら治療します。

時間と労力はかかりますが、根気よく治療すれば必ず完治する病気です。

子猫の完治を待ってくださっている里親さんたち、安心して下さいね。

IMG_2231[1]

なるべくストレスない環境を心がけています。

私の方が子猫たちの愛らしさに癒されています。

(⋈◍>◡<◍)。✧♡