ブログ|与野の動物病院なら、そよかぜ動物病院

ブログものぞきに来てください。
写真ブログ個人ブログ

[与野駅前動物病院] ハムスター診療室より

2019年7月28日(日)

松本です。今日も与野駅前院はハムスターさんが多数来院されています。

本日は5組の来院が予定されています。

 

①「あんなに小さいのにどうやって診るの?」

②「あげられる薬はあるの?」

③「どういったことで来院するの?」

④「そもそも治せるの?」

 

などなど聞こえてきそうなので、お答えしていきます。

①→小さいので、すごく神経を使います。小さな動物なので、ちょっとびっくりしてもショックを起こしてしまう可能性があります。なので、特に初診は本当に注意しながら診療しています。小さいけど、体重は測るし、便検査もするし、エコー検査もします。診察台にはもちろん載せず、手にもって診察しています。

②→犬猫と違い、データは少ないし、種類は限られてはいますが、薬の処方ができます。投与量は微量になるので、シロップ剤に薬を溶解してお渡ししています。ハムスターさんが嫌がらない味になるよう調整もします。

③→犬、猫と同じように色んなケースがあります。ハムスター特有の病気としては「ほお袋の炎症」。げっ歯類特有の病気としては、歯の過伸による歯のカット。などがあります。最近では長生きしてくれる子も増えたので、心臓病もあります。

④→頑張って治しています!!!小さいけれど、出来ることはあるので、来院してくださったら出来る限りのことを行っています。

今日も、軟便で全身状態が悪くなった子が投薬や生活改善により、1週間で元気になってきてくれました。

そして、この写真の子はいつも歯のカットできているトラちゃん。とっても大人しくてイイ子です。

歯のカットで麻酔をかけるわけにはいきませんので無麻酔で処置をしますが、動きを止めようと力をかけてはダメなので、十分な注意が必要になります。

 

左が処置前。

右が処置後。

上の前歯が伸びすぎて、口の中を傷つけてしまうこともあります。

一度伸びてしまうとなかなか元通りにはならないため、定期的なカットが必要になります。

 

 

 

可愛いトラちゃん。処置された後も怒りません!本当に助かります。これからも頑張ろうね(^◇^)

 

 

※初診の方へ

犬猫以外の診療については、与野駅前院 の松本のみが行っていますので、予約をお願い致します。