一般診療案内|与野の動物病院なら、そよかぜ動物病院

ここは与野にある、
愛すべきペットのための総合病院です

対象動物

与野・そよかぜ動物病院

ウサギ

モルモット

ハムスター

※ウサギ(爪切りのみ。診察不可)
※モルモット(山﨑院長のみ診察可能)
※ハムスター(山﨑院長のみ診察可能)

診療科目

腫瘍科

与野・そよかぜ動物病院
しこりができた
便や尿に血が混ざっていた

ペットたちが長寿になるにつれて、腫瘍が見られることも増えてきました。
腫瘍には転移しない良性のものからがんなどの悪性腫瘍まで、様々なものがあります。高齢になるほど発症しやすく、悪性腫瘍であれば命に関わることもあります。
手遅れになることなく体の負担を抑えた治療を行うには、早期発見・早期治療が欠かせません。
定期検診とともに、普段の生活の中で違和感を覚えたらお早めにご相談ください。

腫瘍科について
与野・そよかぜ動物病院

がんは近年わんちゃんねこちゃんの死因の上位となっており、診断される機会も増えています。
がんといっても進行速度や悪性度は種類によって様々です。診断や治療も難しいものも多く、診断・治療自体が多かれ少なかれ体に負担をかけることもある為迷われることも多いと思われます。
がんとどう向き合い、何を治療目標としてどうつきあっていくかは獣医だけが決めるものではありません。これにはご家族とよく話し合うことが不可欠だと思います。
しっかり最新の治療情報をお伝えし、ご家族とよく話し合って、動物とご家族がより良い生活を送れるよう最善を尽くして参りたいと思います。

担当:飯塚哲也

眼科

与野・そよかぜ動物病院
与野・そよかぜ動物病院

多くの患者様のニーズに答えるとともに、獣医師として眼の病気を一つでも治療したいという強い想いから、セミナーなどの研修会に出席しております

目をショボショボさせている
片目だけ痛そうにしている
眼が真っ赤になり充血している
眼が白っぽくなっている
目ヤニが多い
眼をこすっている
ものにぶつかる

眼科診療は多くのスキルと知識が必要です。
ワンちゃんや猫ちゃんたちが正しくものを見ているのか、目に痛みがあるのか、経験豊富な獣医師が診察診断いたします。また、目は口ほどに物を言うと言われるように、実は体の病気を表す場合が多いのです。
そよかぜ動物病院では、角膜の傷の手術やマブタのイボの手術、より専門性の高い緑内障の手術も実施しています。
病気は気が付かないうちに進行していることが多いので、心配なことがあれば受診してください。
当院の獣医師は、多くの患者様のニーズに答えるとともに、獣医師として眼の病気を一つでも治療したいという強い想いから、セミナーなどの研修会に出席しております。

皮膚科

与野・そよかぜ動物病院
体をかいてばかりいる
毛が大量に抜ける・ハゲる

ペットたちの皮膚の病気は、「感染症」「アレルギー」「耳の病気」の大きく3つに分けられます。
感染症は細菌や真菌、寄生虫などが引き起こします。また、アレルギーの代表的なものにはアトピー性皮膚炎や食物アレルギー、ノミアレルギー性皮膚炎などがあります。さらに耳をかゆがったり臭いがする場合は、外耳道炎などの耳の病気が考えられます。
当院では診療と検査で原因を見定め、最適な治療をご提供いたします。

循環器科

与野・そよかぜ動物病院
最近疲れやすい、ふらつく
呼吸が荒くなった

心臓病は高齢の動物ほど発症しやすい病気です。小型犬や中型犬の代表的な心臓病は慢性弁膜疾患、大型犬は拡張型心筋症があげられます。猫の場合は年齢に関わらず、肥大型の心筋症がよく見られます。
心臓病は初期段階では症状がわからないことがほとんどです。時間とともに症状が進むことが多く、進行すると痛みやだるさ、呼吸困難などでつらい思いをすることもあります。症状に心当たりがあれば、なるべく早めに受診しましょう。

心臓病の早期発見
与野・そよかぜ動物病院 与野・そよかぜ動物病院
  • 咳をする
  • 最近散歩に行きたがらない
  • ハアハアと呼吸数が多い

心臓病は8歳以上のワンちゃんの75%がかかり、ワンちゃんの死亡原因2位は心臓病です。当院では心臓病を診断するにあたり聴診だけではなく、心臓超音波エコー検査、血液検査(心臓のバイオマーカーと呼ばれる血液検査)、レントゲン検査を行い、総合的な診断を行います。当院では、心臓の超音波エコー検査を最も得意とし、一頭でも多くの心臓病の発見に努めていく所存です。

心臓の超音波検査は、基本的に予約制です。
検査をご希望の方は下記の番号に電話して「心臓の検査希望」とお伝えください。

南与野院
北与野院

予防接種・ワクチン

与野・そよかぜ動物病院
ペットを感染症から守りたい
予防ワクチンを受けさせたい

予防医学の発達とともに、様々な病気を防ぐことができるようになってきました。
そよかぜ動物病院では、本院でも分院でも予防接種・ワクチン接種をお受けいただけます。ペットの健康のために、接種費用はリーズナブルな価格といたしました。
飼い主様のライフスタイルやニーズに合わせて、各種予防プランもご提案しております。
大切なペットが健康に暮らしていけるように、いつでもお気軽にご相談ください。

予防接種・ワクチンの種類
  • 狂犬病ワクチン
  • 2種ワクチン(パルボ・ジステンパー)
  • 6種ワクチン
  • 8種ワクチン
  • 3種ワクチン

セカンドオピニオン診療

与野・そよかぜ動物病院

お問い合わせ先メールアドレス

お問い合わせ

南与野院
北与野院
今のお薬でいいのかしら?
他に治療法はないのかな?
なかなか良くならないな
手術をしたいけど不安だわ
経験豊かな先生に手術してもらいたい
皮膚病がなかなか良くならない
腫瘍の専門医に診てもらいたい
10歳以上は手術ができないと言われた
心臓病の心配があって、ちゃんと検査を受けたい

病気になっているワンちゃんたちを抱えている飼い主様の想いは様々です。
不安、迷い、葛藤。
そんな飼い主様のお力になりたい。
私たち、「そよかぜ動物病院」は全力でサポートいたします。

獣医師さまへ

当院はセカンドオピニオン科を設けております。
治療法等でお困りの患者様を積極的に受け入れます。
ホームドクター様の診療等の妨げにならないように連携・配慮しながら
セカンドドクターとしての役割を果たせるよう努めますので
ご紹介・ご相談ください。

飼い主さまへの説明のための動画集
(インフォームド動画)

動画制作・編集:合同会社 イヌ ベーション

ドロワーテスト:cranial drawer test:脛骨前方引き出し検査
この検査は前十字靭帯断裂を診断する検査です。
前十字靭帯は脛骨(すねの骨)を前方にずれないように制御しており、前十字靭帯が断裂していると、すねの骨が前方にズレます。これがこの脛骨前方引き出し検査、ドロワーテストです。
完全に前十字靭帯が断裂している場合はこの検査が陽性になります。
しかし、部分断裂の場合は陽性率は50%程度なので、この検査で前十字靭帯の部分断裂を完全に診断することは困難です。
痛みが無い症例では、無麻酔でも検査できますが、痛みや炎症が強い症例では鎮静を行って、検査をします。
猫の尿管結石
猫の尿管結石は比較的多く見られますが、症状は一過性の食欲廃絶、元気消失、嘔吐などで、慎重に診断しないと見落としてしまいます。
また猫の尿管の結石は2mm程なので見逃すとすでに急性腎不全になっていることが多く、致死的な病態進行をたどります。 当院では超音波エコーを使用して、この数ミリの尿管結石を発見しています。
膝蓋骨脱臼『パテラ』
膝蓋骨は正常な位置にあるのですが、膝を曲げると脱臼してしまう病気のことを膝蓋骨脱臼と呼びます。
脱臼したヒザのお皿は、足をまっすぐにしたり、指の力で押さないと元に戻らないため、脱臼したままだと、跛行(ビッコ)を起こします。
日常生活にはそれほど支障はありませんが、脱臼しているときには跛行がみられます。
足を後ろに伸ばして脱臼を整復しようとするしぐさがみられることがあります。
脱臼が元に戻ると普通に歩けるようになりますが、時間の経過とともに、膝の靭帯が伸びたり骨が変形を起こしたりすると、グレード3に移行してしまう場合があります。
シーリングディバイスを用いた避妊手術
避妊手術は動物病院では日常的に実地されている手術です。
このシーリングディバイスは、その名の通り、縫合糸を使わずに、血管を安全にシーリング(シールのように)してくれる装置です。
主に避妊手術は動物病院では日常的に実地されている手術です。
当院では、この機器で避妊手術をすることによって動物たちの負担が少なく、そして安全、安心、迅速な手術を目指しております。また、一般的な避妊手術であれば当日、退院ができます。
骨折の手術
当院では超小型犬(3kg)以下の犬や猫の骨折にLCPプレートを用いて、手術を行なっています。LCPプレートは、旧プレートと異なり、骨を強固に安定させ、3kg以下の動物の骨折に適しており、さらに癒合不全を防いでくれます。
眼圧検査
トノペットという機器で眼圧を測定します。
動物に痛みや恐怖を感じさせず測定できる機器です。犬猫ともに15~20mmHgぐらいが正常です。
緑内障の診断に欠かせない検査です。
フローレス検査(フルオレセイン染色)
角膜の傷の確認のために行う検査です。
角膜は表面が滑らかなので、正常では染色されません。しかし角膜に傷がある場合、染色液が入り込み緑色に発色します。
難治性角膜潰瘍SCEEDsの診断

2週間以上角膜潰瘍の治療を行なっても治癒しない疾患のことを難治性角膜潰瘍と呼びます。この病気にはいくつかの別名があり、ボクサー潰瘍、自発性慢性角膜上皮欠損症、特発性慢性角膜上皮SCEEDs、難治性上皮びらんなどと呼ばれます。
この角膜潰瘍は角膜の傷が適切な治療を行なっても、角膜障害部の正常な修復が行なわれない、もしくは修復が行われても再発が見られ、再生した角膜が正常に接着しないため、何度も剥がれてしまう疾患です。綿棒で角膜を軽く擦って、角膜が剥がれれば診断することが可能です。(デブライドメント)
デブライドメントによる診断:
デブライトメントとは、綿棒などで病変がある角膜上皮など異常な組織をこそぎ落とす事。
難治性角膜潰瘍では、角膜上皮が綿棒でめくることができれば難治性角膜潰瘍と診断されます。
心臓エコー(心臓超音波検査について)

心臓エコー検査は心臓病の発見に欠かすことができない検査です。
一定時間、大切なペットをお預かりして、優しく、痛くなく、検査が行うことが出来ます。
心臓の動きや血液の流れ、速さなど即座に診断できるのが特徴です。
僧帽弁閉鎖不全症・肺高血圧症・三尖弁逆流・肥大型心筋症・拡張型心筋症・フィラリア症・大動脈狭窄症など多くの診断に有用です。