ブログ|与野の動物病院なら、そよかぜ動物病院

カテゴリ一覧Categories

オスの犬と生活している飼い主のみなさまへ。去勢手術についてのお話

2022年9月30日(金)

オス犬が、メス犬に性的に強い興味を持ったり、縄張り意識を持つようになったり、ほかの犬に攻撃性が出たりする一連の変化を性成熟といいます。犬が性成熟に達する時期は、

小型犬では8~10か月齢

大型犬では10~12か月齢

が一般的です。

オス犬が性成熟に達すると、発情が起こります。メス犬には、発情期があり、1年間に1~2回の周期がありますが、オス犬には発情期がありません。つまり、年中発情できると言うことになります。

メス犬のニオイ(フェロモン)を嗅ぐといつでも発情となりますので、不要な興奮を避けるためには、発情期のメスに近づけないようにすることも必要です。

 

発情するとオス犬はどのような行動に出るのか。

マウンティング。前足で抱え込んで腰を振る行動です。

本来、マウンティング自体には、様々な理由があるとされています。しかし、特に、発情したメスが近くにいる場合には、交尾をしたい。という本能的な行動である場合が多いので、その場から離れましょう。屋外飼育のオス犬の場合、発情期のメスの存在に対して、脱走してでもたどり着きたいという衝動に駆られることがあり、交通事故の原因にもなりますので、注意がひつようです。それほどまでに想ってしまうということは、交尾欲がかなわないと強いストレスを繰り返すということになるでしょう。

 

マーキング。発情中のメスにアピールするために、わかりやすいのは足を上げておしっこをするようになるという変化です。より大きい犬と見せかけるために、できるだけ高い場所におしっこをするという説もあります。

色々な場所でおしっこをして回り、最終的には足を上げているだけでおしっこが出ていないこともあります。犬は、記憶の動物なので、

『おしっこはいろんなところに、かけて回るものです』

という記憶が定着してしまう前に、去勢手術をすることで、マーキング行動の軽減が見込めます。最近のエピソードとして、去勢手術をする前と後で、電信柱にご挨拶する回数が格段に減ったので、お散歩時間が半分になったご家族がいらっしゃいました。

攻撃性。未去勢オス同士の喧嘩、発情期のメスをめぐっての争いが激しくなることがあります。

大きなけがをする前に、引き離すことが大切ですが、未去勢のオス犬を飼っている場合には、周囲の状況を確認しながら散歩やドッグランを楽しみましょう。

 

以上のような、行動のトラブルを予防したり、性ホルモンによる疾患、そもそも精巣自体が病気になることを予防するために、動物病院では、仔犬のうちに去勢手術をお勧めしています。

 

去勢手術は、精巣を摘出する手術です。

生まれたときはおなかの中にある「精巣」。数か月かけておなかの外に移動して、陰嚢という袋に入ります。去勢手術の時期については、諸説ありますが、少なくとも陰嚢に精巣が入ることには、去勢手術は可能になると考えられます。その他、乳歯(特に犬歯という牙)と永久歯の生え変わりのタイミングも、手術時期の検討ポイントになることがありますので、後ほど説明したいと思います。

去勢手術のメリットとデメリットについてお話します。

去勢手術をするメリットとしては、

①病気を防ぐことができる

②マーキングが減る

③ストレスが減る

④望まなし妊娠の予防になる

が挙げられます。

メリットその1 病気を防ぐことができる

精巣そのものを摘出する手術なので、「精巣腫瘍」など、精巣の病気の心配がなくなります。特に、生まれたときのままおなかの中に精巣が残ってしまった子の場合、「ガン化」する確率が上がることが分かっているので、陰嚢に精巣が降りてこない場合は、積極的に去勢手術を検討した方がよいです。その他、男性ホルモンが出続けることで高齢になってから発症することが多い、「前立腺肥大」「肛門周囲腺腫」「会陰(えいん)ヘルニア」を予防、または治療することができます。

メリットその2 マーキングが減る

性成熟に伴い、縄張り意識の高まりによって、マーキング行動が出ます。出始めのタイミングで手術することで、ホルモンの分泌が抑えられて、マーキング行動がおさまることが多いです。初期の段階を逃し、マーキング自体が習慣化してしまうと、去勢手術をしてもマーキングは変わらないという可能性が高まりますので、注意が必要です。

メリットその3 ストレスが減る

未去勢の場合、発情は年中無休。交尾欲や攻撃性、縄張り意識の高まりなど、様々なストレスを感じやすくなります。飼い主さんへの攻撃性にかかわりが出てくることもあります。

 

メリットその4 望まない妊娠を防ぐことができる。

万が一、脱走したり(発情期のメスを想うエネルギーはとても強いものです)ドッグランなどで発情期と知らずに遊びに来ているメス犬と交尾してしまう。という事故を防ぐことができますし、メスを含む多頭飼育の場合は、とても重要なことです。

 

様々なメリットのある去勢手術ですが、デメリットもあります。

最大のデメリットは、太りやすくなる。という点です。肥満のなりやすさは、2倍ともいわれています。去勢手術を行うことで、性ホルモンが変化し、自由に食事を食べられるように飼育すると食事量は22%上昇するといわれています。それに対して、必要なカロリーが30%減少することも分かっています。手術前と同じ食事を、それまでと同様に与えていると、それだけで肥満につながるということになります。

肥満は、「関節疾患・心臓疾患・下部尿路疾患・皮膚疾患」などの発生リスクを高め、寿命にも関わりますので、対策が必要です。

去勢手術を受けることで、肥満になりやすいということをあらかじめ理解して、太ってしまう前に対策を講じることで、適正体重を保つことは難しいことではないので、去勢手術の時に獣医師とよく相談をして、計画を立てるとよいでしょう。

次に考えられるデメリットとしては、去勢手術に関する全身麻酔と手術のリスクです。全身麻酔をして、体にメスを入れる手術は、どんなものもリスクを伴います。去勢手術は、体の表面に出ている精巣を摘出する場合は、技術的には簡単な種類の手術ですが、おなかの中に留まっている精巣(停留精巣)の手術の際は、開腹手術を必要としますので、術前のチェックの際に、精巣がどこにあるのかをしっかり確認する必要があります。成犬になる前に、手術を行うこと心配される方も多いですが、まだ小さいうちに行うことによって傷が小さく済んだり、麻酔の量も少なくて済みます。一般的な去勢手術は、適切に行えば決して危険な手術ではありません。麻酔や手術を行っても問題がない状態かどうかなど、全身のチェックや血液検査などの術前検査も行いますし、近年、痛みの研究も進み、術後すぐから生活レベルが元通りの状態を保てる子も増えてきました。術後、傷口を清潔に保ち、こまめに観察することで合併症の予防になります。

3つ目のデメリットについては、去勢手術は精巣を摘出し、精子を作れない状態にする手術です。もしも、飼い犬の子孫を残したいというお考えがある場合は、去勢手術をしてしまうとその願いは叶わなくなってしまいますので、ご注意ください。しかし、犬は安産と言われているほど、安産な動物ではありませんので、実際に妊娠、出産をしてくれるメス犬を探すことも簡単ではありません。生まれた仔犬のこと、母犬のこと、よく考えて決めましょう。

 

去勢手術の時期と歯の生え変わりについて。

犬は、生まれたときに生えている乳歯が抜けて、永久歯に生え変わる動物です。オス犬の場合、マーキングなどの行動が出始める時期と、歯の生え変わりの時期が重なります。犬歯(牙)は、永久歯が乳歯の半分の長さまで生えても抜けなければ、自然に抜ける可能性は低いとされており、自然に抜けない乳歯は、全身麻酔をして人工的に抜歯が必要になります。短期間に2回全身麻酔をかけることを考えると、去勢手術と抜歯のタイミングを合わせるご家庭も多いので、時期については獣医師にアドバイスをもらうといいでしょう。

まとめ

去勢手術は、オス犬が、人と家族として快適に生活するためには、利益の多い選択肢です。去勢手術を行うことで、オス犬特有の縄張り意識の高まりや、それに伴うトラブルの回避、ストレスをコントロールすることができます。精巣があることによって、長生きしているその先に起こりうる、病気の予防にもなります。

仔犬を迎え入れたら、去勢手術のお話をさせていただきますので、ご家族でよく話し合い、手術の時期を決めてください。

 

わからないことは、お気兼ねなく質問してくださいね。

不妊手術のお話

2022年9月30日(金)

こんにちは。

今回は、メス犬の不妊手術についてお話してみたいと思います。

メス犬が、交配すると妊娠することができるようになる能力(生殖機能)が備わることを、性成熟と呼びます。犬が性成熟に達する時期は、

小型犬では8~10か月齢

大型犬では10~12か月齢

が一般的です。

 

メス犬の発情期は、性成熟に達してから超高齢になるまで、通常は1年間に1~2回訪れます。人間の場合は、閉経がありますが、犬のメスは人間の肉体年齢に換算すると50歳前後である7~8歳でも妊娠は可能で、人間でいう閉経は訪れません。個体差があるので、何歳まで発情出血があるのかは一概には言えませんが、超高齢犬になって、全身の機能が低下しない限りは、シニア期以降も発情出血が見られるケースが多いです。反対に、明確な出血がないように見えることもあります。個体差が大きいのが特徴です。

 

メスは、発情出血がある、発情前期に入ると、外陰部(尿が出る方)が次第に腫れて大きくなります。そのため、違和感を覚えて陰部をしきりに舐めたり、頻尿(尿の回数が多く、1回の尿量が減ります)になったり、不快感を抱いて飼い主さんについて回るなどの行動が見られる犬が少なくありません。なかには、食欲が減り、ご飯を食べないようになる犬もいます。飼い主さんにしがみついて腰を振るマウンティング行動を見せる犬もいるでしょう。ただし、これは、性的な興奮が原因で行っているのではなく、陰部の不快感を取り除こうとしている可能性もあります。

また、不快感やストレスから、普段はおとなしくてフレンドリーなのに飼い主さんに対して攻撃的になったり、発情出血後の「偽妊娠」という時期には巣作りや疑似的な子育てをしているような感じで、ぬいぐるみなどを肌身離さず守るメス犬もいます。

身体的、精神的の両側面から、ストレスがかかっている状態といえるでしょう。

飼い主さんが、愛犬の妊娠出産を希望しない場合、獣医師は、卵巣子宮全摘出術をはじめとした、不妊手術をお勧めすることになります。

 

それでは、動物病院で不妊手術をお勧めする理由についてお伝えします。

 

不妊手術をするメリットとして挙げられるのは、主に3つです。

①乳腺腫瘍の発生率を下げること

②子宮蓄膿症の予防

③発情中の生活に関する問題の解消

 

①乳腺腫瘍は、乳腺にできる腫瘍のことで、悪性だとガンといいます。不妊手術をすることによる、乳腺腫瘍の予防効果は、初回発情前では99.5%、1回目の発情後では92%、2回目の発情後では74%、2.5歳以降では予防効果なし。ということが分かっています。

 

②子宮蓄膿症は、子宮に膿がたまる病気で、性ホルモンが出続けることで起こりやすくなる病気です。動物病院の現場では、不妊手術をせず、出産をしないメス犬に、高齢になってから発症することが多い印象です。必ずしもかかる病気ではありませんが、犬特有の性ホルモンの動きが影響し、子宮蓄膿症にかかることが多いです。年齢に伴う、麻酔のリスクが高まる年齢で病気になるため、命にかかわる状態になるケースも見られます。犬は閉経がないため、発情出血だと思っていたら子宮蓄膿症だった。という場面に遭遇することもあります。

 

③発情と生活 不妊手術を受けることで発情がなくなります。発情が起きるとどのようなことに注意しなければならないのか、お伝えしますね。

メス犬の発情期には、散歩に行っても問題はありませんが、ほかの犬との接触は避けましょう。散歩中にオス犬めがけて駆け寄ってしまうこともあるので要注意。しっかりとリードを握っておき、交通事故を予防してください。

ドッグランやトリミング、ペットホテルの利用については、発情前期と発情期には控えなければなりません。発情期特有のフェロモン臭がオスを興奮させ、オス犬が一緒にいるスペースではオス同士のけんかの原因になったり、予期せぬ妊娠につながるからです。

もし、愛犬を預けての旅行が、発情前期や発情期と重なってしまったら、ペットホテルで他の、特にオス犬がいる状況では興奮によるオスの鳴き声などで施設の近隣から苦情が来ることもあるので何かほかの方法を考えなければ旅行に行けないことになるかもしれません。

血液で施設を汚してしまったり、ほかの犬を興奮させたり、フェロモン臭で他の人を不快にしたりしないよう、発情期のわんちゃんとの旅行はあきらめる方もいます。

発情出血がある間は、犬用のおむつや、人間の生理用品を入れられる犬用パンツを利用される方も増えてきました。家具や床材などを血液で汚さずに済むので、利便性はありますが、陰部周辺の通気性が悪くなることで、皮膚炎になるケースも見られます。皮膚のかゆみに弱い犬にとって、発情出血中のストレスは倍増されます。紙おむつなどは、こまめに取り換えると同時に、皮膚の状態を健やかに保てるように注意する必要があります。

近隣や同居で発情期のメスがいることで、オス犬が興奮し過剰に吠える、遠吠えのような声で鳴くこともあります。屋外飼育をしているオス犬が、発情期のメス犬のフェロモンに反応して脱走することもあるほどです。メスが発情期の間は、近くのオス犬の行動にも気をつけておく必要があります。

 

以上のような3つのポイントについて、メリットがある不妊手術ですが、デメリットについてもまとめておきますね。

最も大きなデメリットは、手術後、肥満になる可能性が非常に高いという部分です。不妊手術を行うことで、ホルモンバランスが変化し、自由に食事を食べられるように飼育すると食事量は22%増加するとされています。それに対して、必要なカロリーが30%減少することも分かっています。手術前と同じ食事を与えているだけで、食事の量を30%減らさないと、肥満につながるということになります。

肥満は、「関節疾患、心臓疾患、下部尿路疾患、糖尿病、皮膚疾患」の発生リスクを高めることが知られています。

ただ、そのことを知ったうえで、食事の選択、運動管理について配慮すれば、適正体重を保つことは難しいことではありません。獣医師とよく相談してください。お勧めのお食事をご用意いたします。

次に考えられるデメリットは、不妊手術に関する全身麻酔と手術のリスクです。成犬になるまえに手術を行うリスクについて心配されることが多いですが、まだ小さいうちに行うことによって、傷も小さくて済みますし、麻酔の量も少なくて済みます。不妊手術は、適切に行えば、決して危険な手術ではありません。麻酔や手術を行っても大丈夫なのかどうかなど、全身のチェックや血液検査などの術前検査をしっかり行います。近年、疼痛管理(痛みにたいする処置)の研究も進み、通常の生活レベルを保ちながら、術後期間を過ごせることが多いです。

最後に、稀にではありますが、中型犬以上のサイズの犬では、不妊手術によて尿失禁の症状が出るケースもあります。これは、卵胞ホルモンを投与することで改善が見込めます。

まとめ

愛犬がメスの場合、妊娠と出産に関するメリットデメリットをふまえて考えたうえで、妊娠出産をしない飼育を選択されるのであれば、乳腺腫瘍の予防効果に関係することを考慮し、不妊手術をうける「時期」に配慮する必要があります。不妊手術を受けることで得られるメリットとしては、

健康面では、性ホルモンによって引き起こされる病気の予防になったり、発情期に抱えるストレスを取り除いてあげられること。

生活面では、発情に伴う、飼育の問題や飼い主さんの生活スタイル、旅行などのスケジュールに影響が出ることがなくなります。

デメリットとして、太りやすくなる、麻酔のリスク、稀に中型犬以上のサイズでの尿失禁がありますが、どれも、そのデメリットに対する理解を深めることで対応できると言えるでしょう。

以上のことから、当院では、仔犬をお迎えしたときに、不妊手術についての説明をさせていただいております。ご家族でよく話し合い、ご不明な点はお気軽にご相談ください。

夏限定!デンタルキャンペーン

2022年7月5日(火)

こんにちは

暑い日が続いてますね、、

 

今日は夏限定!デンタルキャンペーンの

お知らせです!

 

お口のにおいが気になる、、、

歯の汚れが気になる、、、など

わんちゃん、ねこちゃんのお口の違和感を

感じではいませんか?

 

この機会にスケーリング(歯石除去)

いかがでしょうか?

 

歯周病は心臓をはじめとする様々な病気の

関連性が報告されています。

2歳までのわんちゃん、ねこちゃんの

80%が歯周疾患にかかってしまうことも

報告されています。

 

通常料金よりお得に出来る

キャンペーンなので期間限定です!!

 

期間:2022.07.012022.09.30

そよかぜ動物病院 

南与野院・与野駅前院 限定

※ご予約必須になります

 

詳しくはお電話や受付にて

気軽にお問合せください!

うちの子も毎日歯磨き頑張ってますが

歯石ついちゃいます、、

この機会に是非ご検討ください!

アドボケート

2022年5月5日(木)

皆さん、こんにちは。

ゴールデンウィークも終わり、今日はとってもいい天気で、お散歩日和でしたね。

こんないい天気の時は、公園で愛犬とたくさん遊んであげたい気持ちが高まります。

その前に、、、

フィラリア・ノミなどの予防対策はしていますか?

今日ご紹介するのは、背中にスポットするだけでノミ・フィラリア予防が可能な「アドボケート」の紹介です。

 

獣医師 山﨑の「アドボケート」の記事をぜひ読んで感想を聞かせてください。

https://atumareinudaisuki.com/uncategorized/アドボケート/

 

プードルの秘密

2022年4月21日(木)

日本で絶大な人気を誇るトイプードルの秘密を

プードルの歴史と共にひも解いていきましょう。

詳しくは、愛ラブドック「トイプードルの秘密」で特集します。

https://atumareinudaisuki.com/uncategorized/トイプードルの秘密/

今注目のご飯「ドクタークレド」

2022年4月7日(木)

ブログ「愛ラブドック」にドクタークレドの特集記事をアップいたしました。

今注目のご飯「ドクタークレド」


愛ラブドッグ

2022年4月7日(木)

犬の情報記事サイト「愛ラブドッグ」を開設しました。

この度、多くの愛犬家に支持され、獣医師 山﨑による総合監修記事サイトを立ち上げました。

獣医師 山﨑 泰輔 総合監修

ペットオーナー様に向けて「犬に関するわかりやすい最新記事」をお届けしていきたいと思います。

https://atumareinudaisuki.com/

狂犬病予防はじまります!

2022年3月25日(金)

こんにちは!

もう3月も残すところあと少しですね、

4月からは狂犬病予防注射摂取開始になります!

今年もコースがありますので

これを機会に血液検査なども一緒に

いかがでしょうか?

血液検査をご希望の方は8〜10時間絶食

ご来院ください!

 

4月のご予約もだんだんと

埋まってきておりますので

はやめご予約お待ちしております!

 

最近はお出かけが出来ず

ドライブに行くことが多いです!

ドライブの時は必ず窓から外を眺める

スタイルなので、真冬でも真夏でも窓を

開けろ。と催促されます(笑)

 

 

猫はミルクが好き。でも実は乳糖不耐症

2022年3月24日(木)

桜が咲き始めました。

春ですね。

春は、仔犬や仔猫を見かけることが多いですね。

ペットショップには、一年中仔犬・仔猫がいるけれど

街中で見かける仔猫ちゃんは、やっぱり春が多い気がします。

ずいぶん前から、飼い猫は100%室内飼育が推奨されてきて

お外に自由にお散歩に行く飼い猫ちゃんは、かなり少なくなりました。

そよかぜ動物病院のある地域は、自動車の交通量が多いので

患者さんはほとんど、100%室内飼育の飼い猫ちゃんです。

さて、「仔猫」の話に戻りましょう。

仔猫は、お母さんの母乳を飲んで大きくなります。

ペットショップから購入したり、仔猫のうちに保護されて

飼育されるようになる仔猫たち。はじめのうちは、ミルクを

補助的に使うこともありますね。

この「ミルク」ですが、牛乳ではダメなんです。ご存じでしょうか?

理由は2つ

1.牛乳では栄養が足りないから

2.牛乳に含まれる「乳糖」が原因で下痢をすることがあるから

です。

私が子供のころ、近所の捨て猫を保護したくても家族に反対されて

なけなしのお小遣いで牛乳を買い、仔猫に与えようとしたときに

「牛乳は猫にとっては水みたいなものだから、牛乳では仔猫は育たないよ」

と、獣医さんが教えてくれました。

今では、ペットショップやホームセンターで、猫専用ミルクが売っています。

猫には猫用のミルクを準備してあげてください。

仔猫だけでなく、成猫にもミルクをあげたい飼い主さんがいらっしゃいます。

「おしっこの病気で水分を取らせたいのだけれど、水をあまり飲まない」

とか、

「うちの子は、ミルクがないとご飯を食べられないんです」

といったお悩み相談をお受けします。

成猫にとって、ミルクは、主食(キャットフード)を食べていれば

必要ない栄養素になりますが、もし、どうしても与えたい場合は

必ず、猫用のミルクにしてあげましょう。

成猫にとっては、ミルクはおやつです。

ほかのおやつと合わせて、1日の摂取カロリーの10%以内に

収まるように計算して、与えてくださいね。

猫ちゃんは、ぽっちゃりさんになってからの減量は苦労しますよ。

また、人肌に温めた、38℃くらいの温度で与えてあげてくださいね。

肛門腺の機能と位置

2022年3月18日(金)

肛門腺について連載をしていきたいと思います。

今日の記事は

「 肛門腺の機能と肛門腺の位置について」

 

 

 

「肛門腺の機能って?」

犬は太古から自分の家族を守るためにテリトリー意識が強い動物として有名です。肛門から刺激臭がある分泌液を出すことによって、自分の敵を追い払ったり、また、テリトリーを主張したり犬同士が、認識する信号のような役割もあります。

 

「肛門腺から分泌される液体は?」

肛門腺の液体は刺激臭がする分泌液です。

肛門の左右に存在している袋状(肛門嚢)から分泌され、犬の種類、大きさ、年齢、健康状態によって分泌液の性状や匂いが異なります。

 

「肛門腺の位置はどのあたり?」

肛門腺は見て確認することはできません。

肛門嚢はうずらの卵よりも少し小さい程度ですが、大きさには個体差があります。

肛門嚢は肛門出口の左右両脇の下に存在し、肛門腺同様、目で見て確認することはできません。

 

実際の位置関係

肛門腺及び肛門嚢の位置は、肛門を中心にして位置を予想します。

アナログ時計を羅針盤に見立てて、右は時計の針の4〜5時、左の肛門腺は7時〜8時の方向に存在し、肛門腺の排出口は肛門出口の脇にあります。

肛門腺絞りを正しく行うためには、肛門腺の位置を把握するのはとても重要です。

 

肛門嚢・肛門腺について

  • 1 大きさは「うずらの玉子」よりやや小さい大きさです。
  • 2 肛門嚢・肛門腺は目で確認できません。
  • 3 肛門嚢は右が4時~5時。左は7時~8時の方向に存在。

 

次回は「肛門腺絞りについて」の記事を書きます。

1 2 3 4 5 6 29