ブログ|与野の動物病院なら、そよかぜ動物病院

ブログものぞきに来てください。
写真ブログ個人ブログ

【与野駅前動物病院】我が家の新入り

2019年6月26日(水)

こんにちは!与野駅前動物病院の岡田です。

 

今日は我が家に新しくやってきた子の紹介をさせて下さい(*’▽’)💗

2019年3月30日生まれ

スコティッシュフォールド♂のぎんた君。

あだ名はぎんちゃです笑

 

先住猫のルルさんは小さい時から、のんびりゆったり。

暇さえあればひたすら毛繕いと昼寝ばっかりしている猫でしたが、ぎんちゃは大違い。

常に部屋中をかけずり回るやんちゃボーイです。

 

 

私が手作りしたガムテープをまるめたおもちゃがお気に入りです。

 

 

元々、足の膝がはずれやすいニャンコなのですが、全然そんなことを感じさせない暴れん坊。

 

まぁなんて可愛いんでしょう💗

もうすっかり虜です。

 

 

だけども、1つ大問題が!

 

ぎんちゃがやって来てから、先住猫のルルさんがごはんも水もろくに口にしなくなり、一日中布団の上でしょんぼり寝ているようになってしまいました😢

 

顔つきも目が死んだようになり。こりゃ大変だとご飯に大好きな鰹節をかけてみたり、粉ミルクを溶かしてあげてみたり、鶏肉の茹で汁をあげてみたり・・・

 

そんなこんなでぎんちゃがやってきてから早半月。

ようやくルルさんも慣れてきたようで、普段の様子が戻って来てくれました。

 

現在11歳でなかなかよいお歳のルルさん。

子猫に対してはおばあちゃん目線で仲良くしてくれるかしら、なんて考えてたけど大間違いでした。

 

新入りにゃんこにヤキモチやいたりする、まだまだ気持ちは赤ちゃん猫のようです😊

 

どちらも可愛い我が家のニャンコ。

 

これから二人が仲良しになれるよう、何か良いアドバイスがありましたら教えてくださいませ!

海外渡航診療室より(アメリカ)

2019年6月26日(水)

松本です。

海外ご出発の方の最終チェックの日が続きます。

アメリカに行くこたろうちゃんです。

子犬のような愛らしさがありますが、

立派な大人です。

小さな身体ですが、

がんばって飛行機にのります。

 

こんな小さい子は飛行機で大丈夫なのかな??っていう気持ちがご家族でも、私にもあったので、

事前にしっかりと血液検査もきちんと行い問題ないことを確認し、

数回のご来院の中で状況もずっとみてきて、本日を迎えました。

小さな子、病気の子、老齢の子、色々いますが、

安心していけるようそれぞれに合った方法で行けるようサポートしていきますね。

アメリカでも、かわいいねーって言われるんでしょうね!

 

 

アクアデント

2019年6月25日(火)

こんにちは看護師の大間です

お家のわんちゃん、ねこちゃんのデンタルケアどうしていますか?

うちの子は歯磨きや歯みがきガムが大好きなのであまり大変ではありませんが、中には好き嫌いがあったりお口を触られるのが苦手な子もいます。

そこでオススメなのがビルバックさんから出ているアクアデント

いつもの飲み水に混ぜるだけ!

味や匂いは無く好き嫌いがある子も気にせず飲んでくれます。

手間もかからないので忙しい飼い主様も無理なく続けられるのでオススメです。

海外渡航診療室より (ヨーロッパ)

2019年6月25日(火)

松本です。

海外に行かれる方の理由は様々ですが、

今回は優雅な海外旅行が理由です!!

ウィーンに一緒に行きたいとのことで、ご準備が始まりました。

 

トイプードルのレナちゃん。

海外に連れて行ってもらえる子ですから、

やはり大人しいイイ子です。

渡航準備の第一歩、マイクロチップを入れたときも

何も言わずじっとしていました。

 

最近では、海外旅行に行きたいというお問合せも多く、

ご準備中の方もいらっしゃいます。

 

海外に行くまでに

帰国の準備もすることにより、

海外旅行も可能です。

旅行中

1~2日は病院へ行って健康診断を受けたり、

国の検疫機関に行く必要はありますが、

一緒にずっといられて、なかなか出来ない経験をわんちゃんも、ご家族も出来ますよね。

安全面の配慮にかんしても、私から十分お話をさせていただき、しっかりサポートしています。

 

一度、海外に一緒に行かれた方は、その後何度も一緒に行かれるリピーターさんになる率が高いです。

「愛犬と海外旅行」が身近になる時代が来るのかもしれませんね。

海外渡航診療室より(韓国)

2019年6月24日(月)

松本です。

今回の猫ちゃんは韓国行きのミルキーちゃん。

かなり急なご依頼で、「1週間後」にご出国が決まっているということでした。

連絡をいただいた日から、夜中も朝方も関係なくメールのやりとりを行うこと複数回。

一度のご来院で無事出国でき、無事ついたとの連絡もいただきました。

 

「急なご依頼でも、どうにか出来るようにする!」という意気込みで

頑張っています。もちろん、行く国によっては、事前に数か月前に申請をしなければならない

という国もあるので、私の力ではどうにもならないケースを除いてですが。

 

ミルキーちゃん、韓国でも頑張ってね。

飼い主様もどうにか出国できるようにと忙しかったと思うんですが、

私のメールに対し返信も早くて本当に助かりました。ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

1 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 37