ブログ|与野の動物病院なら、そよかぜ動物病院

🐕と一緒に。

2018年12月30日(日)

 

 

皆様、ご家族とゆっくりされていますか?

毎年あたりまえにある年末年始なのに、やっぱり毎年この時期は特別な感じがしますよね。

 

今年、私は、11月より与野駅前動物病院というそよかぜグループ3つめの病院にも顔を出すことになり、

ちょっと新鮮、少し不安な気持ちでした。どうにか、頼りになる既存のスタッフの皆に支えられて、

12月を終えることが出来ました。

 

南与野でずっと来て下さった方が、南与野なら徒歩数分で来られるのに

与野駅の病院までコインパーキングに車を停めてまで来院されています。

寒い中小さなハムスターさんを南与野からバイクで診せに来て下さった方もいます。

頑張ってやっていこうって思える出来事が本当にたくさんあります。

 

このブログを通して

私の犬のこと、車の免許のこと、色々心配してくれた方、

本当にありがとうございます。

うちの子はもうすぐ2歳、車にのっておでかけもできるようになりました。

私のいうことは聞かないダメ犬というか、ダメ飼い主ですが。

車については免許取得して半年がたち、危ないことが色々ありますが、どうにか無事故です。

後ろからいきなり車がやってきて、後日、お支払いをしなければならないという

嫌な経験も、もうしております。

 

こんな私ですが、来年も楽しく皆さまと色々お話して、大事なご家族との幸せな時間を作るお手伝いが出来たらと思います。

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年を振り返って

2018年12月30日(日)

2018年を振り返って

  皆様の多大な愛情でそよかぜ動物病院は2018年の通常診察を無事終わることができました。

今、この病院が存続し、多くの飼い主とペット達の命を救えてきたのは、絶え間ない努力し続けてきたスタッフ達、そして院長である私を公私に渡り支えてくれた家族であり、深い感謝しかありません。

 飼い主のペットを想う愛情がそよかぜ動物病院を成長させ、私たちスタッフを教育してくれたと思っています。

振り返ると2018年の診療数は年間2万件を超えていました。

しかし、2万件という数字よりも、1つの診療にどれだけ向き合えたかを自分自身に問いかけています。

「あの子をどう救ったか、救えなかったか。」

「命を救えても飼い主の心を救えたか。」

「本当にこれでよかったのか。」

「あの子はどうしているのかな。」

「元気なのかな。体調はどうなのかな。」

私は、飼い主様に会いたくなります。

私たちスタッフは2万件の診察数でも 毎日 飼い主と共にあります。

毎日、診療後 カルテを書きながら その日の診療を振り返り

自問自答にくれています。

そよかぜ動物病院は開業後9年になりまが、

その9年間を飼い主様の人生のほんの一コマでも獣医師として関われること改めて感謝しています。

そして大切な命を預けていただき 本当にありがとうございます。

  飼い主様のペットへの愛情が 私たち獣医師を育ててくれていることを改めて実感しています。

 飼い主    ペット     獣医師 この3者がチームになることで素晴らしい魔法が起こることを診療において私は確信してきました。

2019年も皆様に多くの愛情をいただき飼い主様の為に誠実に命に向き合いたい所存ですので、スタッフ一同 来年もよろしくお願いします。